2018年10月28日

国の行政機関における障害者雇用に係る事案に関する検証委員会報告書を読んで。

10月22日付で公表された「国の行政機関における障害者雇用に係る事案に関する検証委員会報告書」を読みました。
先日来次々と明るみに出ていた省庁等の障害者雇用水増し問題です。

ひどい……。ひどすぎます。
障害者手帳も診断書も必要とせず勝手に障害者とカウント。
自己申告に基づいてカウントというのも無茶苦茶で、これは遵守していた省庁からは「身上申告書とか、何でそれが障害者ということを認定する事実になるのかという素朴な疑問がある」とのコメントも出ていたりして、ほんとそれ、私も素朴に疑問に思います。
さらには「視認」。お医者さんでもない職員が他の職員を見て「あれは障害者だ」と判断していたということでしょうか。
障害基準も矯正して0.1以下であるべきものを裸眼で0.1以下をカウントするなどあまりにも杜撰です。目の悪い人でしたらお分かりになると思いますが、矯正できるかどうかというのは死活問題で、矯正してそこそこの視力が出るのであれば不便ではあれ障害というレベルではないです。そして裸眼で0.1以下ぐらいの人でしたら世の中たくさんいて、矯正できさえすればそれなりに普通に社会生活を送っています(私自身もレーシックをするまで長年0.1以下の視力でした)。
さらには障害の種類として、国税庁では「適応障害一歩手前」って……。一歩手前って何ですか、一歩手前って。
更には基準時に在籍していなかった者が数十名という単位でいる省庁もありました。退職者をそのままカウントし続けているというのもひどい話ですが(中には10年も前に退職した人も!)、過去一回も在籍すらしたことのない人をカウントしていたなんてなるともはや何が何をどうカウントしたんだか、謎すぎます。どう考えても不適切計上というような言葉ではなく、ねつ造でしょう。

これに対して検証委員会は不適切な行為の原因は厚生労働省と各行政機関の対応の両方に問題があるとしていて、特に「国の行政機関における障害者雇用の実態に関する関心の低さ」を挙げています。
確かに、これはあまりにもいい加減に過ぎる各省庁の不適切な対応ばかりが話題になっていますが、なぜ民間企業に対しては厳しいチェックを行う厚生労働省が国の行政機関に対しては長年このような実態があるにも関わらず看過してきたのかは考えるべき点だと思います。「民間企業の達成率が50%程度であるにもかかわらず国の行政機関がほぼ達成しているということであればその違いが何に由来するか制度所管官庁としてもっと関心をもつべきだった」という指摘は至極ごもっともです。

全70ページの報告書ですが、こういう報告書の割には簡潔で読みやすい文章です。
また、こんなものだらだらと余計な時間をかけてみんな忘れた頃にこそっと誰にも気づかれないように出すのだろうと思っていたので、これだけの短期間できちっと発表したことは評価したいと思います。

この不祥事を受けて行政機関等では今後障害者雇用を急速に進めていくようです。
ですが、今度は人数合わせ、数だけのつじつまがあっていればいい、の雇用にならないでしょうか。
いわゆる「お客様」状態です。いてくれればいい、何もしないでいい。
だって、10年も前に退職した人もカウントしていたようなところです。その人が担当している仕事があれば絶対気づいていたはずですよね。いてもいなくても気づかれない。そういう人がどういう仕事をすることになっていたのか気になります。
もちろん法定雇用率の遵守は大切です。でもどうか中身のある雇用であって欲しいと思います。

そしてここからは宣伝です。
企業の皆様、特に外資系企業の皆様。こうやって省庁が大量に障害者雇用に走ることになれば当然障害者の求人市場は激戦が予想されます。やはりそうはいっても公務員というのは魅力ですから。そのような中、自社に即した人材を採用するには早めの対応が必要となります。
障害者の皆様、特に発達障害者の皆様。退職しても気づかれないような職場で働きたいですか? それより外資系企業で英語や外国の価値観に触れながら、自分の得意分野で貢献していきたいと思いませんか。
当社では企業、就労移行支援事業所、障害者ご本人、それぞれの方々からのご相談をお待ちしています。
posted by MO at 20:00| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

雇用関係助成金の取扱いに係る同意書の提出

先週は、雇用関係助成金の取扱いに係る同意書の提出をしてきました。

通常の就職が困難と思われる条件の方を企業が採用した場合に企業に対して一定の助成金が出ることがあります。
ハローワークを経由した紹介の場合などが該当するのですが、民間の人材紹介会社もこの同意書を提出すると同様に対象になります。

当社の場合でいえば、発達障害のある方が一般企業に雇用された場合、その企業に助成金が支給される場合があります。
当社に対して出るわけではありませんが、企業にとってメリットがあることは大事なので、申請(同意書を提出)しました。
当社が取扱いを希望するとしたものは、
・特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)
・特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)
・特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)
・特定求職者雇用開発助成金(障害者初回雇用コース)
・特定求職者雇用開発助成金(長期不安定雇用者雇用開発コース)
・特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)
・トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)
・トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース・障害者短時間トライアルコース)
になります。

しかし……。障害者の就職が困難だということは分かりますし、だからこそ当社もそこに特化したサポートをはかっているわけですが……。
これだけ「特定求職者」(特定就職困難者ともいわれます)の文字が並び、「就労困難」「長期不安定」と記載されると少し凹みます。

とはいえ、せっかくの助成金です。
企業にとってもそこで働く従業員にとっても有意義な形で使われますように。
posted by MO at 13:18| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

ムンク展大混雑予想

「この度は、特別鑑賞会にご応募いただきまして誠にありがとうございました。応募者多数のため、厳正に抽選いたしました結果、誠に残念ですが落選となりました。安全な鑑賞環境を確保するため、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。」

上野の美術館でこの10月から来年1月まで、「ムンク展―共鳴する魂の叫び」が開催されます。

障害者手帳を持っていると都内の多くの美術館が無料になったり割引になったりします。このムンク展開催の東京都美術館は障害者本人と付き添い1名が無料になります。
それはもちろん有難いのですが、この東京都美術館のさらに有難いところは障害者向けに「特別鑑賞会」というものを開催してくれること。
これが何かというと、要は休館日に障害者に鑑賞させてくれるのです。つまり、空いてます。
精神障害・発達障害の特性の一つで人込みや混雑が苦手という人は多いようなので(人酔い、対人不安等)これはとても助かります。もちろんこれは精神障害者だけではないので、車いすの身体障害者の方などにとっても楽なことでしょう(というかもともと身体障害者向けだったのかも)。

発達障害と気分障害で手帳を持つ知人がこのムンク展の特別鑑賞会に申し込みました。
仕事をしている人ですが、この特別鑑賞会の日はもう有休の申請も済ませていました。一応サイト上の案内には応募者多数の場合は抽選とは書いてあったものの、まさか障害者向けの鑑賞会で抽選とか落選とか考えていなかったのです。
ところが、受け取ったのは冒頭の通知でした。

残念。
しかし、特別鑑賞会で抽選とか落選とか、どれだけの応募があったのでしょう。
そしてさりげなく書かれていますが「安全な鑑賞環境を確保するため」って、抽選しなかったら鑑賞環境が危険になるほどの応募者数だったんでしょうか。つまり、特別鑑賞会ではない、普通の日に行ったら、危険なほどの混雑……?

image_Scream.jpg

posted by MO at 15:39| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

ローカル線

2D06D229-E26B-4A43-86D4-0431D38A6134.jpeg
出かける用事があり、ちょっと足を伸ばして温泉に行こうと思いました。
ネットで適当に予約していざ行ってみると、電車は日に数本、降りると駅前にはコンビニすらなく、タクシーもいません。
途方にくれながら、こういうのなんて言うんだっけと考えました。
鄙びた、かな。

友人に、とんでもない鄙びた駅に来ちゃったとこの写真と共にメールすると、返信は、「風情ある駅だね」

おお。なるほど。そうも言えます。

私は障害を個性だと言う風潮には疑問を感じます。困難があるから障害なのにそれを個性だと言い換えることで問題を曖昧にしている気がするのです。
でも、物事色々な捉え方があるということは忘れたらいけませんね。
鄙びたか風情があるか。
不便か自然豊かなのか。
障害なのか個性なのか。

耳に聞こえの良い表現が良いことだとは思いません。でも、物事の良い側面を見ることは忘れないようにしたいと思います。
posted by MO at 18:50| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

少数派の居心地の悪さ

仕事である会議に出たときのことですが、参加者は11人、その中で女性は私一人でした。女性比率9%ということですね。
9%という数字を見ればあまり小さいようにも思いませんけれど、実際には11人もの人の中でたった一人というのはやはり少数派だと感じます。別段、性別が問題になるような会議ではありませんでしたし、差別や性的な表現のある冗談などもなく、何が女性で困るのかと言われれば別に困らないのですけれど、それでもやはりこういう場面だと少数派だなあと何となく居心地が悪いように感じます。

さらに言うとこの会議、11人のうち日本人は3人でした。日本人率27%。
これも小さな数字ではないはずですが、そしてこれは国籍というよりは言語の問題ですけれども、英語での会議だったので日本人は不利だなとは思いました。

こう考えると、発達障害は今や人口の数パーセントとかグレーゾーンまで入れれば10人に一人とか言われていて、そう聞くともうそれは少数派でも特別なことでもないように思いますが、でもやっぱり少数派なのだな、と思います。
そして多数派の言語が分かりにくい(発達障害の場合で言えば暗黙の了解が分からない、表情が読めないなど)はコミュニケーションのハンディになるなと思います。
posted by MO at 07:39| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする