2018年10月09日

お役所の仕事も確かめる

人材紹介(有料職業紹介)というのは誰でも勝手に出来るわけではなく、厚生労働大臣の許可が必要です。
大体、順調に進めば申請から中2ヶ月と聞いていて、私は7月末に申請したので8月9月と挟んで10月1日からの許可となったので、予想通りの日程感でした。
9月28日の許可書交付式は、「やっとここまでたどり着いた」と感慨にふけりながら出席してきました。ここまで、といってもスタートラインですが。

申請時に引換証を渡されていたので東京労働局の受付でそれと引き換えに許可書を受け取ります。
私は〇〇番。「お願いします」と引換証を渡すと、受付の人に「はい、ここに印鑑押してください」とリストを示されたので、「優希合同会社」と書いてある欄の受領印欄に押印しました。
すると係員の人が「違う!そこじゃないです!」と言うのでびっくりして、「え?」と見上げると、「ABC株式会社(仮名)さんでしょ!その下!」と言われました。
「はい? 優希合同会社です。社名(引換証に書いてある)見てください」と言うと、係員の人は引換証の社名と番号を見比べ、「あら……本当だ。社名が違う……」と呟いていました。

結局、番号と社名がずれていました。〇〇番にはABC株式会社と記載されていて、当社はその1つ上、〇✖番に記載がありました。

しばし係員の人達2,3人が相談したのち、「えーと、じゃあ優希合同会社さんですね」と言われて〇✖番の許可証を受け取りました。
幸い、渡された許可証には正しく当社名が記載されていました。

お役所の作業なんて、ちゃんとダブルチェックトリプルチェックしてるのではないかと思うのですが。
危うく、ABC株式会社さんの許可証をもらってしまうところでした。

教訓。お役所の記載だからといって必ず正しいと信用してはいけない。

まだ引き続き他に申請する書類などもあるのですが、きちんと自分で確実に確認しながら手続きを進めようと思います。
posted by 大住 at 21:36| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする