2018年11月25日

紅葉狩り

紅葉狩りに行ってきました。
行先は袋田の滝(茨木)です。
gazou_kouyou.jpg

東京もこの数日急に冷え込んできていましたが、やはり滝は更に寒く、冬用のダウンを着て行ってちょうど良かったです。
残念ながらこの時期水量は少ないようで、水は物足りなく、轟音や水しぶきはありませんでした。
そして肝心の紅葉もどうやらピークは過ぎてしまっていたようです。落ち葉狩りになってしまっていたというほどではなかったものの、赤と黄色に燃え上がるというような感じではありませんでした。あと今年はいつまでも暖かかったので紅葉はあまり綺麗に色づかなかったとか。

それでも、滝と木々のマイナスイオンを十分に浴びて、気分はリフレッシュです。
また頑張るぞー!
posted by MO at 10:15| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

カレンダー仕上がり予定

来年用の当社カレンダーが11月30日に仕上がり予定と連絡が来ました。
都内なので翌日土曜日に宅急便を受け取って、何とか12月中のご挨拶等には間に合いそうです。

今までDMや挨拶状の送付は業者さんにお願いしていたのですが、カレンダーを封入する作業が出てくるので普段の印刷業者さんにはお願いできません。自分で作業となると、まず宛名リストどころか、ラベルプリンターの購入からです。
普段紙の印刷に使っているプリンターは、私のスキル(?)では差し込み印刷が出来そうにないため、簡単なラベルプリンターを購入しました。
ラベルプリンターといっても、ラベルもプリントできるテプラですが。
やっぱり長年お世話になってきたテプラは安心感があってすばらしいです。馴染みがあるって大事ですね。

年末ご挨拶用のカレンダーはこれで何とか間に合いそうな目途がたちました。
次は年賀状です。
年賀状はもうプライベートでは出さなくなって久しいのですが、こういうふうに自分で仕事をしてみると、ご挨拶というのは大事だと思うようになりました。
posted by MO at 10:00| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

英語の先生にコンサル提案

当社では主に外資系企業へのご紹介を特徴の一つにしています。従って、英語でのご対応も可能と言っています。
ですが、私は帰国子女でもネイティブでもありません。留学や駐在で海外に住んだことはありますし、仕事では長年英語を使ってきましたけれど、怪しい英語を四苦八苦しながら使っています。
それで、今は英語を習っています。

英語の先生もこのビジネスに興味を示して下さって、もはや授業外の質問ばかりなのですが(当社のDMの英語表現とか……)、丁寧に教えてくださいます。
そしてこの先生、日本のといいますか、世界でも誰もが知っているスーパーグローバル大企業のご出身。英語云々を超えて、ビジネスのご経験が深く、英語以前の部分のアドバイスをいただいたりしています。

そこで、私は懲りずにお聞きしてみました。
「先生、当社のコンサル……」
英語の先生の返しは、「うん、じゃあ大住さんがプライベートジェット買えるぐらい儲かったら雇ってください」

先生、それはあまりにも遠すぎる道のりです。

「JALのファーストクラスに乗れるようになったら、ぐらいでどうですか」と、それでも相当に遠い目標ではありますが、プライベートジェットよりは現実味がありそうなことを言ってみました。

すると「分かりました。ビジネスクラスに乗れるようになったら声かけてください」と、かなり手が届きそうなところのご提案が。

まあ、当社には今のところ精神科医だろうがスーパー大企業元役員だろうが、コンサルにお迎えするような余裕はないのですが。
夢は大きく、です。やっぱり、知見のある人のアドバイスをもらえるというのは大きいですからね。

そして英語の先生は「それまででもいつでも何でも聞いてきていいですよ」と言って下さったので、とてもラッキーです。
先生、ありがとうございます(このブログを読んで下さってはいないと思いますが)。
posted by MO at 18:33| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

精神科医にコンサル提案

長年お世話になっている精神科医の先生が、私のこの事業のことも気にかけてくださっています。
たまにお会いすると、「人材紹介の方はどうですか?」と一言目に聞かれます。
(他に用事があって会っているわけなので、「本題の方を先に話させてください」と内心思ってます)

「なかなか難しいですね~」と言ってみると、いろいろと親身なアドバイスをいただきます。
お医者さんなんて世の中のこと知らないんじゃないですかと思っていたのですが、意外と(?)具体的かつなるほどと思うアドバイスです。

それでこの前、「先生、ぜひ当社のコンサルに」と言ってみたら、「ごめんなさい、そういうのはなれないんです」と瞬殺されました。

いやまあ、現実問題としてお医者さんをコンサルに迎える財源はないですけど。瞬殺だったのは無念です。
先生、少しぐらい考えるふりしてくれてもいいのに。
posted by MO at 17:57| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

2019年カレンダー作成中

2019年の当社の卓上カレンダーの制作依頼中です。今日、校正が上がってきました。自分で言うのも何ですが、すごく良いです。
作品は、発達障害のある方々(プロからお子さんまで幅広いです)の作品で、絵心のない私からするとすごいなーと見入ってしまったものばかりです。
お世話になっている方々へのお礼や販促品として使用するものですが、ネットでの通販とかしてみても良かったな。

こういう絵がビジネスにならないかといろいろ考えています。
でも、知り合いでやはり発達障害のある方々の作品でカレンダー等を作っている人の話によると、販促品(つまり採算度外視)で作っていたときは楽しかったけれど、通販するようになったら大変だそうです。
それはそうだろうなという気もします。
posted by MO at 14:01| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする