2018年12月26日

仕事納め

平成最後の年末です。
平成30年は私にとってこの事業を立ち上げた思い入れの深い年となりました。
まだまだもっと準備を整えてから始めるべきなのではないかと思いつつ、そう言っていたらいつになっても始められない気もして、思い切って始めてみました。やはり準備不足と感じるところもあり、そこはおいおい対応していくつもりにしていますが、とにもかくにも始めてみて良かったと思っています。

やるからには自分の力で。
そう思っていましたが、同時に人の暖かさ、差し伸べていただける手、親身なアドバイス等の有難みが身に染みた日々でもありました。
自分でやるからといってお借りできる力を拒否することもないですね。
そして今どなたかのお力をお借りしたら、いずれ私もどなたかに力を貸せるようになりたいと思いました。

冬休みはリフレッシュもしつつ、年明けからの事業展開も踏まえて少し時間のかかる作業もしようと思っています。
ブログの更新は年内たぶんこれが最後です。

本年は大変お世話になりました。
皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
そして来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


kyoto1.jpg
(京都に旅行に行ってきました)
posted by MO at 19:56| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

アートが素敵なブログのご紹介

当社が最初に販促品のクリアファイルを作ったときに、「ぜひこの絵を使わせていただきたい」とお願いした作品がナカリさんのHP「Welcome to my parallel world」にアップされていた作品です。
今回、ご挨拶用の卓上カレンダーを作ったときにも作品をお借りしました。
素敵な作品がたくさんなので、ぜひご覧になってみてください。

当社のブログについてもご紹介いただいたので、当社のブログでナカリさんのHPをご紹介するとリンクが循環しますね!
いいことは循環して渦を巻いてうねりを生じて、どんどん広がっていったらいいなと思います。

posted by MO at 11:58| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

フリーダイヤル

アメリカ人と日本人とその他国籍不明の人達が入り混じった会議に出たときのことです。
言語は基本的に英語なのですが、日本人出席者の一人が"People use free dial..."と言いかけると、アメリカ人(50代)出席者が「フリーダイヤルって何?」と尋ねました。そばにいた20代後半ぐらいのアメリカ人が「フリーダイヤルというのは日本のシステムで、かけられた側が通話料を支払う仕組みで……」と説明し始めました。
いやいやそんなまどろっこしい説明しなくてもアメリカにもあるでしょと思って"toll-free"のことだと口を出しました。
するとその50代アメリカ人は、ああトールフリーかとすぐに納得したので、最初からこういえばいいのにと思って20代アメリカ人をちらりと見ると、20代アメリカ人は驚いたような顔をしています。
50代アメリカ人も何のことかはわかったようなのですが、何秒かの沈黙ののち、「トールフリーって、日本にはまだあるのか。アメリカでは通話料がタダ同然になって久しいからトールフリーなんてなくなってしまったけど」と驚いていました。

どうやら20代アメリカ人、toll freeという言葉を知らなかったというより、既にその時代を知らなかった模様です……。

日本でも若い人が知らない過去の言葉というのはいろいろありますが、アメリカにもあるんですね(当然ですが)。
私は昔アメリカに住んだことがありますが、その当時toll freeは普通にありました。思い起こせばあれはもう、ウン十年前のことで……ああ、光陰矢の如し少年老い易く学成り難し。
posted by MO at 10:44| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

コンビニの無礼な女性

去年、初めて行ったコンビニでとても失礼で対応の悪い女性の店員さんに当たってしまいました。
すごく不愉快だったのでそれ以降そこはなるべく使わないようにしていたのですけれど、コンビニなんて立地が大きいので、そうはいってもたまには使います。

私はその店員さんがいないといいなと思いながら行くのに、何曜に行っても何時に行っても遭遇率が高かったです。
またいるのか……とそのたびに思っていたのですが、考えてみるとそれだけ遭遇するということは、長時間働いているのでしょう。もしかしたらシングルマザーとかで厳しい生活なのかな。
それにしても週末も祝日も朝でも晩でも夜中でも見かけます。もしかしたら家族経営のコンビニで人手不足を家族で補っているのかもしれない。過酷な労働かも。
……と、勝手に想像して、まあそうそう愛想よくもしてられないよな、それならしょうがないか、などと思うようになっていました。

今日、そのコンビニに行くとその店員さんのレジに当たってしまいました。
ふぅ~と思いながら商品のかごを渡すと、なんか手つきが穏やか。Tカードも丁寧に返してくれて、そしておつりは手を添えて渡してくれました。「ありがとうございました」との挨拶まで!
いやー、びっくりです。

お店を出てから、「もしかしてあの人、何かいいことあったのかな」と思いました。
良かったね。
と、なんか思わず笑ってしまいました。

勝手に大変だろうと想像して、勝手に良いことあったんだろうと想像して、私も想像力たくましいですよね~。
posted by MO at 20:45| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ハローワークを見ると

最近、都内の何カ所かのハローワークに行きました。
私が最初にハローワークに行ったのは、15年前ぐらいでしょうか。自分の失業給付の申請に行きました。当時、もうハローワークだったか、まだ職安と呼ばれていたか……。
あの頃と比べると、綺麗で明るく、職員さんの対応も丁寧になりましたね。
これはお役所全般に言えると思いますが、少なくとも窓口業務をするような人達の対応というのはとても丁寧で分かりやすくなりました。

そして、失業給付のコーナーにいる人達が少ないです。
求人票はたくさん出ています。

人手不足というのは本当なのだろうなあと思います。
その勢いで障害者雇用についても求人増の波が来てくれるといいのですが。

posted by MO at 09:16| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする