2019年04月27日

GWが始まりました

GWが始まりました。
前代未聞の10連休。有難い限り……ではありますが、私はほぼ働いたり勉強したりしている予定です。普段出来ないことをしておかないと。

と思いながらも、今日はリフレッシュデー。
友人とサントリーホールにクラシックコンサートを聞きに行ってきました。

IMG_2127.jpg


この等身大写真で満足するつもりでしたが、サービス精神旺盛なメンバーのようで、演奏が終わってから出口付近で写真タイムを撮って下さっていました。

IMG_2128.jpg


うーん。素敵です。カッコイイです。
私は欧州で暮らしたこともあり、妙な憧れは持っていないつもりなのですが、それでもクラシック音楽はやっぱりヨーロッパはいいなあと思います。ちなみに全然詳しくはありません。

演目自体とても満足でしたが、アンコールの最後が楽しかったので。Youtubeで探して貼ってみます。動画が見つかりませんでしたが、音はこれが近い気がします。
アンコールの曲。ヨハン・シュトラウス「テープは切られた」

(※音声が流れるので会社でご覧になっている方はご注意下さい)

やっぱり、”ウィーン〇〇”と来れば、ワルツやポルカですよね。
posted by MO at 18:47| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

発達障害のある大学生の支援

先日、都内の大学のキャリアセンターにお伺いしてきました。
発達障害は今大学でも話題になっていると聞いていましたが、この訪問させていただいた大学にも発達障害の学生の支援をする部門があり(部門名に「発達障害」とついているのです)、多いのだろうと思いました。
この前、つまずかない大学生活!「発達障害」新入生の準備講座 阪大支援プログラムの3日間という記事を読んだところでもありました。
阪大も、それから今回訪問してきた大学も、偏差値という意味では高いので……周囲からすると「何でこんなことが分からない・出来ないのだろう」という感じが一層強いのかもしれません。これが一歩進んで「出来ないのではなくて、こんなことバカにしているんでしょ」と誤解が生じてしまうとこじれてしまいます。

当社が就職のお手伝いをさせていただいているのは、学生時代はなんとなく違和感を感じつつも発達障害とまでは思わず(以前は広く知られていなかったこともあり)、就職してからうまくいかず、二次障害が生じてからメンタルクリニックに行って発達障害だったと分かる…というようなケースが多いです。
大学時代に分かって、早い段階で対応が出来れば、二次障害を起こさずに済む人が増えるかもしれません。そうなるといいですね。

posted by MO at 14:00| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

まさか、当社に3人目の顧問……!?

以前、訪問先に挨拶に持っていく菓子折りの相談を友人にしたことがあります。私は自分が甘いものに全然興味がないので、こういう分野が分かりません。それでスイーツ大好きの友人に相談したわけです。
次々と出てくるブランド(?)に圧倒されました。諸般の事情によりチョコを探したのですが、チョコっていろいろあるんですね。私なんかゴディ〇しか知りませんが。

この時は予想外の事態によりこの友人のオススメのスイーツは買えなかったのですが、「詳しいねえ、将来当社でスイーツ担当顧問が必要になったらお願いするよ」と言うと、「やるやる~!」と二つ返事でした。
なお、なぜ顧問の性質が「スイーツ担当顧問」なのかというと、この友人は下戸だからです。
挨拶の品といえばアルコールも定番ですが、これについてはまったく分からないとのことです。そのため「ギフト担当顧問」には出来ないので「スイーツ担当」と限定的です。

彼女が言うには、顧問料はいらないけれど、リサーチのためのチョコを購入するのは経費として認めてほしいとのこと。
しかしここで、「え、リサーチのチョコ代でいいの」とうっかり思ってはいけません。
高級チョコはそれなりのお値段がする上に、この友人は毎日チョコを食べる人なのです。絶対毎日熱心に「リサーチ」しそうです。危険危険。
というわけで、「そのうちね」ということにしてあります。

もちろん、冗談です。でも、いつか実現したら面白いですね。スイーツ担当顧問のいる人材紹介会社って(笑)
posted by MO at 09:24| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

哺乳類大集合

IMG_2104.jpg


週末に上野の「大哺乳類展2」に行ったときの写真です(フラッシュは禁止ですが撮影はOKでした)。
私はもともと動物が好きなので楽しかったのですが、さほど広くない展示会場に「これでもか!」というほどの動物が詰め込まれていて、迫力というか怖いというか。なかなか見ごたえがありました。

この後、友人とご飯を食べに行くのに上野駅で待ち合わせしたところ、時間に友人が現れず、焦りました。
焦ったというのは、この友人、スマホを持っていないのです(正確に言うと、海外から一時帰国している人で日本対応のスマホを持っていないのです)。
まもなく登場し、改札口が分からずに迷ってただけだということが判明したので良かったのですが、待ち合わせで連絡が取れないということにこんなに焦るとは。私なんかはスマホのない時代に生きてきたのに、すっかりスマホなしの生活が出来なくなっています。
スマホってありがたい、としみじみ感じました。

発達障害のある方の時間管理やタスク管理にもスマホのアプリは強い味方のようです。メモ代わりに録音や写真を使ったりとか。
スマホには発達障害があってもなくても便利な機能がたくさんありますよね。スマホって、すばらしい。
posted by MO at 08:59| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

障がい者雇用の充実した会社見学

ある勉強会で障害者雇用にとても真剣に取り組んでおられる企業の方のお話を聞く機会があり、もう少し勉強させていただければと思い図々しくもその会社を訪問させていただきました。

びっくりしました……。
社内でこれだけしっかりと、組織という意味でも会社(マネジメントや他部署)への働きかけという意味でも計画的に粘り強く行動して、そしてもちろん障害者の定着やスキルアップを考え特性に配慮した上でこまやかなケアをして、そしてそれに対して熱意を持って取り組んでいる。
実際に勤務中の障害者の方の様子も見て、私も会話もしましたが、一生懸命さと共に自信が伝わってきました。
もちろん本来そうあるべきなのでしょうからそれをびっくりしたというのは不適切なのかもしれませんが、そうはいっても普通なかなか出来ることではありません。と言いますか、今までお聞きした中で断トツです。それもとびぬけて断トツです。

こんな会社があるんだ。と思ったというのが正直な感想です。
私もこういう仕事をしているので、会社の外側から障害者雇用についてはお手伝いさせていただければと思っているわけですが、いやー、世の中こういう会社ばかりだったら出る幕ありません。

圧倒されていたのですが、知り合いの臨床心理士(発達障害のある高校生~二十歳前後の方の就労の1歩手前ぐらいをサポートをしている臨床心理士)にその話をしたところ、彼女は「嬉しいですねえ。そういう会社さんが実際にあるんですねえ。励みになります」ととても喜んでいました。
そうですね、働く人にとってはこういう会社が増えたら素晴らしいことだと思います。

いやー、とてもいい刺激になり、勉強させていただきました。
またいろいろと考えることが出来ました。
posted by MO at 08:19| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする