2019年12月20日

在宅就労支援システム

在宅で働けるならそうしたい、と考えている人は多いと思います。特に東京は満員電車での通勤が大変で、それを苦手にしている人も多いです。
とはいえ、会社からすれば管理が難しいという側面があります。体調管理という意味と、それから本当にちゃんと仕事してるのかの管理という意味と。
今週、在宅就労をするためのシステムを開発しているという会社様にお話を聞く機会がありました。
がちがちではなく、でも気になるポイントをしっかりおさえたシステムで、こういうのだったら会社としても取り入れやすいかもと思いました。
いいなと思ったのは、これなら通勤圏外の人でも勤務できるということ。一応、いざというときに駆け付けられるように今は関東に限定しているとのことでしたが、いずれは日本全国どこにいても自宅で仕事が出来るようになるかもしれません。
最初は障害者雇用のためという位置づけで開発されているにしても、この先障害のない人も在宅勤務・リモートワークの需要は増えてくると思います。
通勤から解放されて、その人にとって働きやすい場所で効率良く働けるようになったらいいですね。そのためにシステムやテクノロジーというものが役に立ってくれたら有難い限りです。
とりあえず東京の人は、来年のオリンピック期間だけでも通勤したくないという人が多いと思います…。
posted by 大住 at 09:09| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

当社創立記念日です

本日12月14日は当社の創立記念日です。
日中は仕事で出かけていたのですが、帰りに創立記念のお祝いデザートを買って帰りました。
IMG_2536.jpg

普段あまり甘い物を食べませんが、これはほぼメロンそのままで美味しかった! 
この丸いのは一見マスカットかと思いましたが、丸く型抜きをしたこれもメロンでした。
posted by 大住 at 20:44| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

就労パスポート

厚労省から主に精神障害・発達障害・高次機能障害のある方の利用を想定した「就労パスポート」という書式が公開されています。
仕事をする上で仕事先の方々に分かっていただきたいこと、お伝えしたいことなどを記載するということなので、近年多くの就労移行支援事業所で見るようになった「私の取説」みたいなものでしょうか。
書式も載っているので見てみたところ、これを記載するのはかなり大変そうです。ガイドラインを読んでみると、支援者と一緒に作るのがおススメとのことなので、やはり独力で作ることは想定していないようです。
当社にご相談においでになる方は半分ぐらいの確率で現在就労中の方です。就労中の方が自分で作成して利用するのにはかなり労力が必要な書式かなと思いました。もちろん私もピンポイントなご相談には乗らせていただきますけれど、求職者面談は原則1回とさせていただいているのでこれを一緒に作成するには時間が足りません。

それでも、いろいろなアイデアが出て来ていろいろな伝達方法が使えるようになるのはいいことだと思います。その中から自分に合ったものを選んで使えるといいのだろうと思っています。
posted by 大住 at 14:29| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする