2018年11月03日

体調不良の正体

今朝、起きたら熱っぽい感じとだるさがありました。
今とても忙しいので、風邪をひいているヒマはありません。
でも、明らかに熱っぽいのです。

風邪どころかインフルエンザだったらどうしよう……。
そう不安になったところで、自分で思い浮かべた「インフルエンザ」の単語が何か記憶を刺激しました。

あ。そうだ。昨日、予防接種を受けてきたんだった。
と思い出しました。

もうインフルエンザの予防接種は10年近く受けています。今までインフルエンザになったことがないので果たしてどれぐらい効き目があるのか全く不明ですが、なんとなく予防接種もせずに感染したりすると自己管理がなってないと思われそうな気がします。
そして毎年、軽い副作用があります。

クリニックでは「48時間以内は副作用が重症化する可能性がありますから、この週末は病院がないような地方に旅行に行ったりはしない方がいいですよ」とアドバイスされました。
旅行の予定は入っていないのでいいのですが、金曜日の夕方に、接種した後にそう言われても……とはちょっと思いました。

「毎年、軽いですけど副作用が出るんです」と私。「お風呂で温まらないとか気をつけているんですけど」と言うと、看護師さんは「お風呂は大丈夫ですよ。長湯しなければ」と言うので、「じゃあそれが原因というわけでもないですよね」と答えました。
まあ特に理由がなくても副作用が出る人はいますから、などと言われ、それもそうですよねとそれで納得していたのですが。
最後に看護師さんが「あとは今晩はアルコールは避けてくださいね」と言ったので、思わず「えっ、アルコール、駄目なんでしたっけ!」と慌てました。この瞬間、看護師さんにも私にも、私の毎年の副作用の原因が分かったように思いました。

それでも懲りずに昨夜も軽めにですが飲んでしまいました。
熱燗の美味しい季節になってきました。


posted by 大住 at 08:46| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。