2019年09月10日

発達障害を抱えて仕事をしている方のためのキャリアコンサルティング事業を開始しました

タイトルの通り、キャリアコンサルティング事業を開始しました。
キャリアコンサルティングという名称は人事の方でもない限りまだなじみがないかと思いますが、厚労省の定義によると「『キャリアコンサルティング』とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。」となっています。
抽象的ですけれど、要は仕事に関する相談に乗りますというものです。
キャリアコンサルティングについて、厚労省のページはこちらです。

当社はもともと、外資系企業と発達障害者の橋渡しとしての人材紹介会社として事業をスタートしました。
発達障害のある方のうちの一部は、白黒はっきりして成果主義で合理的な外資がフィットするのではないかと考えてのことでした。
それは確かに思った通りだった部分もあります。
ですが同時に、ご相談に来られる方には相当数、日本企業の方が向いているのではないか(あるいは表現を変えるなら、外資の雰囲気には馴染まないのではないか)と思われる方もいらっしゃり、あるいは直面している問題さえ解決できれば今の会社で継続ということも考えられるのではないかと思う場面もありました。
また、クローズの方からのお問い合わせも数多くいただいております。ただ当社の場合、法定雇用率ということでの障害者枠の人材紹介であるため、クローズで勤務をされる方のご相談にはなかなか乗れませんでした。

そういう方々に対してもお力になりたいと思うことも多かったものの、エージェントという立場では限界もあり、どういうふうに係われるだろうと考えてきました。

この度、キャリアコンサルタントという形でそういうご相談に乗らせていただこうと考え、発達障害を抱えて仕事をしている方のキャリアコンサルティング事業を開始しました。

ただいま10月分のご予約を受け付けています。ご相談は土曜日になりますので、会社勤めをされている方でもご相談されやすいかと思います。場所は九段下です。詳しくはこちらをご覧ください。
posted by MO at 10:20| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする