2019年11月07日

資格の維持も大変です

私は元々会社員としては企業法務の経験が長く、30代になってからアメリカのロースクールに行きなおしてニューヨーク州弁護士の資格を取りました。今でいうリカレント教育ですが、当時はそんな概念もなく、今から会社やめて学校行ってどうするのとずいぶん心配されたものです。
実は私はそれほど英語が得意なわけではないので結構苦労したのですが、それでも何とか資格を取りました。
資格は持っていれば持っていたでそれなりに便利なので重宝しています。

ですが…。
当然といえば当然のことながら、この資格を持っていると名乗るためにはニューヨーク州の弁護士会への登録が必要で、登録には毎年お金がかかります。今年も更新の時期がやってきました。
こんなフォームに必要事項を記載して送らなくてはなりません。
(ソーシャルセキュリティナンバーがあればオンライン登録も可能です)
registrationform.jpg

私はニューヨークで弁護士として働いているわけではないので会費は安いとはいえ、それでも年数万円かかります。

資格は取るまでだけではなく、維持するのもそれなりのコストがかかるものがあります。
私はキャリコン(キャリアコンサルタント)も持っていますが、これも資格の取得・維持にはなかなかの費用がかかります。

キャリア相談をお受けしていると資格や学校の話がよく出ますが、資格取得にあたってはその資格でやりたいことなど資格が持つ価値を考えるのと同時に、そのためにかかる費用(と時間と労力とリスク)も大事な検討要素です。
posted by MO at 09:45| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする