2019年12月02日

就労パスポート

厚労省から主に精神障害・発達障害・高次機能障害のある方の利用を想定した「就労パスポート」という書式が公開されています。
仕事をする上で仕事先の方々に分かっていただきたいこと、お伝えしたいことなどを記載するということなので、近年多くの就労移行支援事業所で見るようになった「私の取説」みたいなものでしょうか。
書式も載っているので見てみたところ、これを記載するのはかなり大変そうです。ガイドラインを読んでみると、支援者と一緒に作るのがおススメとのことなので、やはり独力で作ることは想定していないようです。
当社にご相談においでになる方は半分ぐらいの確率で現在就労中の方です。就労中の方が自分で作成して利用するのにはかなり労力が必要な書式かなと思いました。もちろん私もピンポイントなご相談には乗らせていただきますけれど、求職者面談は原則1回とさせていただいているのでこれを一緒に作成するには時間が足りません。

それでも、いろいろなアイデアが出て来ていろいろな伝達方法が使えるようになるのはいいことだと思います。その中から自分に合ったものを選んで使えるといいのだろうと思っています。
posted by 大住 at 14:29| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする