2020年01月03日

発達障害のある方向けキャリアコンサルティング

新年明けましておめでとうございます。
東京は三が日ともに青空が広がりました。気持ちの良い年明けです。

さて、当社は元々は主に都内の外資系企業と発達障害のある方の間をつなぐ人材紹介を主要な事業としてきましたが、この度発達障害のある方のキャリアコンサルティングを主要な事業とすることに致しました。

この変更の理由は諸処あるのですが、最も大きな理由としては、発達障害のある方の仕事に関する悩みというのは転職だけではないといいますか、むしろ転職を決意する以前の段階でご相談に乗れていればと思うことが多く、早い段階から様々な選択肢についてご相談いただける場を作りたいと考えるに至ったためです。
もちろん人材紹介でも登録にあたっては一度面談をしていただいていましたが、どうしても転職ありきの面談になってしまいます。そうではなく、本当に転職することが良い選択肢なのかという段階からご一緒に考えることが出来ればと思っていました。

そうはいっても日本では個人が外部の専門家にキャリアの相談をするという機会はあまりないのではないかと思っていたところ、やはり日本も終身雇用が崩れ、個人がキャリアを真剣に考える時代になってきているようです。
昨年、こんな記事を読みました。「『転職迷子』の20代。30万円で買う“キャリアのライザップ”が売れる理由

ましてや発達障害や精神障害があると、クローズで行くのか障害者枠で働くか特例子会社がいいのかなどのメリットデメリットが分からずに悩迷い、相談に行くにも在職者であれば人事や上司が発達障害に詳しいわけでもなく、求職中の方であればハローワークがいいのかサポステがいいのかジョブカフェがいいのか就労移行支援がいいのか選択肢が多すぎて選べず、そもそも自分に出来る仕事があるのかと不安になり……。
といってもお医者様に相談すれば無理をしないようにと言われ、とはいえ生活もあり家族からは働いて欲しいと言われて板挟みになり、誰か個人的な知り合いではない専門家に相談してみたい、と思う発達障害者の方は多いと感じています。

当社では発達障害のある方が自分の適職や働きやすい環境を探し、同時に現実的な側面も見つつ、可能な限り満足度の高い仕事や社会参加が出来るよう、出来る限りのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

皆様にとって令和2年が良い年になりますように。
本年も宜しくお願い申し上げます。
posted by 大住 at 11:42| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする