2020年03月29日

生活福祉基金

コロナウィルスの感染拡大が止まりません。この先どうなるのか心配です。

障がい者雇用は法定雇用率との関係上、雇用としては削られにくいとは思われます。
ですが、非正規雇用の場合は雇用の調整弁のような部分もありますし、そもそも勤務先の会社自体が大変な状況になることも予想されます。
政府の対策も、減税がいいのか現金給付がいいのかという議論は分かりますが、和牛券だのお魚券だの、もはや何をしたいのかよく分かりません。

ですが、そんな中でこんな制度が公表されていました。
「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における 緊急小口資金等の特例貸付の拡大について 」(厚労省のサイトに飛びます)
これ自体は分かりにくいのですが、良い解説がありましたのでこれも併せてご紹介します。むしろこちらの紹介がメインです。
「生活福祉資金の特例貸付が本日から開始ー状況次第で10〜80万円がもらえる償還免除もありー
」(外部サイトに飛びます)

先が見えないことに不安はありますが、出来る対応を考えながらなんとか乗り切っていきましょう。

2020年02月29日

メール相談を開始しました

さて、今まで当社では対面式のキャリアコンサルティングを行ってきましたが、発達障害のある方は対面で話すことよりも文字でのやりとりを得意にしていらっしゃる方も多く、メールでのサービス提供を行いたいと考えていました。ただ、システムをどうするかを考えるとなかなかプランが立てられませんでした。

ですが、自分でシステムの選定や構築を考えなくても、今の世の中いろいろなサービスが既に存在するものですね。
スキルシェアサービスを提供している「スキルクラウド」というプラットフォームに私の考えているメールによるキャリアコンサルティングにフィットしそうなシステムを発見しました。

使ってみたところ非常に使いやすいシステムなので、ここをお借りすることにし、早速メールによるキャリアコンサルティングのご案内ページを登録しました。
メールによる相談が7日間かけて行えるので、対面でその場で45分というよりも少し時間をかけてじっくり考えながら取り組みたい方に向いているかと思います。
内容や使い方については、スキルクラウド内のページをご覧ください。

ご案内はこちら(↓)になります。
「発達障害のある方の仕事・職場の悩みのご相談に乗ります」
※スキルクラウドのページに飛びます。

家から利用できること、時間の制約がないこと、落ち着いて考えられることなどから、メールによる相談は使い勝手が良いように思います。どうぞご利用ください。
なお、やはり相談は実際に会って話したいという方もおいでと思いますので、面談式のキャリアコンサルティングも引き続き行っています。

ところで、このスキルクラウドは実際の使い心地を見るために私自身も利用してみました。手相占いを見てもらい、面白かったです。
まだ比較的新しいプラットフォームのようですが、様々なサービスがあって、何と言うか怪しい感じのものもありますが、そういうものも含めて見ていてとても面白いです。
こういうスキルがあるのかと感心するようなものもあります。

これを読まれている皆様も、サービスを提供する側でトライしてみるのも面白いかもしれません。
posted by 大住 at 18:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

アート作品を見ながら

今月は上野で黒田清輝の作品を見てきました。
IMG_2570.jpg

近くで特別支援学校の作品のアート展もやっていて、こちらも見てきました。
IMG_2567.jpg


絵を見るのは好きですが、単に趣味で見ているわけでもなく、アートを使ったビジネスに興味を持っています。もちろん発達障害関連です。
が、先日意気揚々と顧問の橋本先生に私の新規ビジネスアイデアを披露したときにはバッサリ一刀両断。しょんぼりと帰ってきました。この先生、お医者さんのくせに(?)ビジネスセンスがあるので、この先生を説得できないようではビジネスの成功はおぼつきません。
今日は新規ビジネスの立ち上げに詳しい専門家に相談に行ってきました。その人は、ちょっと角度を変えればちゃんとビジネスになると思いますよと応援してくれました。
まだまだ考えることはたくさんありますが、実現できるといいなと思っています。
posted by 大住 at 17:06| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

当社1月のカレンダー

当社の2020年の卓上カレンダー、1月の画像はこんな感じです。

gazou_jan.jpg


レイアウトの関係上トリミングしています。原画はこうなっています。
1月(2).jpg

他の作品や活動はこちらで見ることが出来ます。
posted by 大住 at 10:33| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

発達障害のある方向けキャリアコンサルティング

新年明けましておめでとうございます。
東京は三が日ともに青空が広がりました。気持ちの良い年明けです。

さて、当社は元々は主に都内の外資系企業と発達障害のある方の間をつなぐ人材紹介を主要な事業としてきましたが、この度発達障害のある方のキャリアコンサルティングを主要な事業とすることに致しました。

この変更の理由は諸処あるのですが、最も大きな理由としては、発達障害のある方の仕事に関する悩みというのは転職だけではないといいますか、むしろ転職を決意する以前の段階でご相談に乗れていればと思うことが多く、早い段階から様々な選択肢についてご相談いただける場を作りたいと考えるに至ったためです。
もちろん人材紹介でも登録にあたっては一度面談をしていただいていましたが、どうしても転職ありきの面談になってしまいます。そうではなく、本当に転職することが良い選択肢なのかという段階からご一緒に考えることが出来ればと思っていました。

そうはいっても日本では個人が外部の専門家にキャリアの相談をするという機会はあまりないのではないかと思っていたところ、やはり日本も終身雇用が崩れ、個人がキャリアを真剣に考える時代になってきているようです。
昨年、こんな記事を読みました。「『転職迷子』の20代。30万円で買う“キャリアのライザップ”が売れる理由

ましてや発達障害や精神障害があると、クローズで行くのか障害者枠で働くか特例子会社がいいのかなどのメリットデメリットが分からずに悩迷い、相談に行くにも在職者であれば人事や上司が発達障害に詳しいわけでもなく、求職中の方であればハローワークがいいのかサポステがいいのかジョブカフェがいいのか就労移行支援がいいのか選択肢が多すぎて選べず、そもそも自分に出来る仕事があるのかと不安になり……。
といってもお医者様に相談すれば無理をしないようにと言われ、とはいえ生活もあり家族からは働いて欲しいと言われて板挟みになり、誰か個人的な知り合いではない専門家に相談してみたい、と思う発達障害者の方は多いと感じています。

当社では発達障害のある方が自分の適職や働きやすい環境を探し、同時に現実的な側面も見つつ、可能な限り満足度の高い仕事や社会参加が出来るよう、出来る限りのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

皆様にとって令和2年が良い年になりますように。
本年も宜しくお願い申し上げます。
posted by 大住 at 11:42| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする